ガス腸:肉などのタンパク質をたくさんとると、腸内で異常発酵が起こり“ガス腹”になります。お腹が張ってしまうことで、膨満感が起こり食欲が低下したり、刺し込んだように痛むこともあります。

・お腹が張ってることが多い。
・お腹がすいているのに食べられない。
・お肉が好き。
・ファーストフードやインスタント食品をよく食べる。
・野菜をあまり取らない。
・ケーキなど甘いものをよく食べる。
・ゲップがよく出る。
・おならを我慢することがある。

ガスがたまりやすいガス腸は大腸の結腸部分をガスを押し出すように丁寧にマッサージしましょう。

マッサージの体勢はほかのタイプと同じようにお腹の力が抜けるあお向けからはじめます。お腹が張って苦しい時は右側を下にした横向きでもできます。
まず、オヘソから指四本上に手を置き圧力をかけていきます。硬い時はガスが抜けるよう強めに刺激を与えてみましょう。次に、肋骨の下側のあたりを目安に、右側と左側を刺激していきます。ここも、張ってる場合は念入りにほぐしていきましょう。

応用では、自宅以外でガス抜きしたい時には、トイレで上体を倒しながら行うと効率よく圧力をかけられます。

タイプ別の便秘解消法を紹介しました。
当てはまった方や気になる方はぜひ試してみてください。
腸からも綺麗にしていきましょう!