過敏腸:腸はメンタルの影響を受けやすくストレスを抱えると敏感に反応して下痢を起こしやすくなります。悪化すると便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群になることもあるので気をつけましょう。

・便秘と下痢を繰り返したり、下痢が慢性的に続くことがある。
・食後にお腹が痛くなることがある。
・お腹の右側を触ると痛い。
・生活リズムが不規則になりやすい。
・ストレスが多い生活だと思う。
・どちらかというと真面目で几帳面な性格だ。
・プレッシャーに弱い
・翌日のことを考えて眠れないことがある。

過敏腸は痛みを感じやすいため、手のひらでさするように優しくマッサージすることが大切です。大腸の上行結腸部分を念入りにさすりましょう。

まず、あお向け(痛みがある時は右側をしたにして横向き)になった姿勢から始めます。腸が収縮して過敏になっているので、優しくさするようにマッサージをします。痛みを感じるようなときは無理をしないようにしましょう。腸の中でも、最もストレスに反応する上行結腸を丁寧にマッサージしましょう。優しくさすりながら腸の緊張をやわらげていきましょう。

また、外出先での腹痛は座ったままでマッサージをしましょう。上半身を前方へ倒すと痛みが和らぎ、マッサージがしやすくなります。