つまり腸:便の水分が足りなかったり、便がたまっていてもトイレに行くタイミングが見つけられないと、便がどんどんたまって固くなり、つまり腸になります。また、無理な排便で痔になる人もいます。

・朝食はとらないことが多い。
・水分をあまりとらない。
・忙しくてあまりトイレタイムがとれない。
・便意があっても我慢してしまうことがある。
・左下下腹部を触るとかたい(または痛い)。
・排便のタイミングがバラバラ。
・便がかたい。
・痔になっている、またはなったことがある。

つまり腸はたまった便を排泄することが大切です。ほかの部分よりもS字結腸を念入りに揉みほぐしていきましょう。

まずは、あお向けに寝て膝を立てます。リラックスしてお腹の力を抜き左骨盤にあるS字結腸を両手でしっかりとらえます。
指を沈ませるようにS字結腸に圧をかけながらゆっくり深く押していきます。押す角度を変えながら指がよく入る場所を探してみましょう。
左脚を右のももの上にのせて脚を組むとさらに圧をかけることができ、深いところを刺激することができます。
その時に、トイレに行きたくなったら我慢せずにいきましょう。

応用では、右側を下に横になり、左の膝を床につけます。そのまま左手でS字結腸を握るようにマッサージします。慣れてくるとやりやすくなります。

また、脚を大きく開きゆっくりと腰を落とし、排便に使う筋肉を鍛えます。その時に肩を左右に入れ体をひねるとより効果的です。