便秘や肌荒れなどは現れる症状が同じでも人それぞれです。的確なケアをするためにまず、自分の腸のタイプをチェックしましょう。当てはまるのが多いものがあなたのタイプです。

下垂腸:腹筋が弱い人がなりやすく、腸が正常な位置よりも下がってしまう下垂腸。下垂すると腸の動きが弱くなり便秘をしてさらに下がりやすくなる悪循環にハマってしまいます。

・運動らしい運動をしていない。
・下腹がポッコリしてきた。
・姿勢が悪く猫背ぎみ。
・呼吸が浅い。
・疲れやすい。
・肌荒れ&ニキビがよくできる。
・生理痛がある。
・出産したことがある。

下垂した腸を正常の位置に戻すマッサージをしましょう。

まず、はじめにクッションなどでお尻を持ち上げます。辛い時は両足を肩幅に開くと体が支えやすくなります。お尻を持ち上げたら、下垂腸を支えるように、下腹部に手を当てます。小腸を手のひらにすっぽりおさめるようなイメージです。支えた手を腸を持ち上げるように引き上げます。引き上げた状態で5秒静止します。それを3~5回を目安に行ってください。

応用で、マッサージの時にクッションを外せばエクササイズ効果もアップします。また、エア自転車こぎをすれば腸全体とS字結腸の動きを促します。足の付け根から自転車をこぐイメージでやってみましょう。