痩せる生活に変えていくための、食べ方や食べることへの姿勢を確認したあとは、具体的なダイエット中の食事について気をつけておくべきことを覚えておきましょう。

炭水化物やお肉、乳製品も一定の基準を超えなければたべてもいいものなので、少しずつたくさんの種類を食べられる幕の内弁当がおすすめです。
全てのおかずが副菜のような、メインのおかずが主張しない食事が理想です。

また、すべて自分で作ろうと頑張ってしまうのは挫折のもとです。全部自分で作ろうとせずに、楽して”買う”ことをすれば続けやすくなります。コンビニのご飯でもいいので幕の内弁当のような食材の組み合わせを意識しましょう。

実は、ほとんどの人が空腹になる前に何かを食べてしまい本当の空腹を知りません。空腹になってからの食事は、満足感や幸せな感情をストレートに感じやすいので、腹八分目がどのくらいなのか、繰り返し体に覚えさせていきましょう。

そして、視覚的にも楽しむ事が大事です。食事において視覚は”楽しめる”かどうかの重要な要素です。自分で料理をする時も小皿や小鉢を多用して飽きないように心がけましょう。